【浜通り地方】 明治期地籍図・地籍帳・丈量帳の郡区分

宇多郡 宇多郡は、相馬市および相馬郡新地町にあたる領域。
相馬市は、中村・大野・松ヶ江・飯豊・八幡・山上・玉野から成る。
新地町は、新地・福田・駒ヶ嶺から成る。
行方郡 行方・宇多両郡合併して相馬郡となる。現在は、相馬郡・相馬市・南相馬市から成る。
旧原町市(現南相馬市原町区)は、原町・高平・太田・大甕・石神から成る。
旧鹿島町(現南相馬市鹿島区)は、鹿島・八沢・真野・上真野から成る。
旧小高町(南相馬市小高区)は、小高・福浦・金房から成る。
飯舘村は、新舘・大須・石橋・飯曾から成る。
標葉郡 大熊町は、熊町・大野から成る。
双葉町は、新山・長塚から成る。
浪江町は、浪江・請戸・幾世橋・大堀・苅野・津島から成る。
楢葉郡 楢葉郡は、現在の富岡町・楢葉町・広野町・川内村・いわき市の一部(久之浜・大久・川前)から成る。
楢葉町は、竜田・木戸から成る。
富岡町は、富岡・上岡から成る。
磐城郡 磐城郡は、四ツ倉・上小川・平窪・神谷・草野・大浦・大野から成る。
磐前郡 磐前郡は、小名浜、平、内郷、飯野、夏井、高久、豊間、江名、鹿島、玉川、磐崎、湯本、好間、
赤井、永戸、沢戸、三坂、箕輪から成る。
菊多郡 菊多郡は、貝泊、荷路夫、石住、泉、渡辺、鮫川、錦、山田、窪田、川部、田人、上遠野、入遠野から成る。