【中通り地方】 明治期地籍図・地籍帳・丈量帳の郡区分

信夫郡 信夫郡は、現在の福島市に含まれる。
現在の福島市茂庭、大波、立子山、飯坂町湯野については、伊達郡を参照。
現在の福島市松川町下川崎、松川町沼袋については、安達郡を参照。
旧飯野町(現福島市飯野町)は、飯野・立木のうち青木を合併して成る。伊達郡を参照。
伊達郡 伊達郡は、現在の伊達郡・伊達市と福島市の一部である。
桑折町は、桑折・半田・睦合・伊達崎が合併して成る。
国見町は、藤田・小坂・森江野・大木戸・大枝の一部が合併して成る。
旧梁川町(現伊達市梁川町)は、梁川・粟野・堰本・白根・山舟生・富野・五十沢・大枝の一部が合併して成る。
旧保原町(現伊達市保原町)は、保原・富成・柱沢・上保原・大田・伏黒の一部が合併して成る。
旧伊達町(現伊達市)は、長岡・伏黒の大部が合併して成る。
旧霊山町(現伊達市霊山町)は、掛田・霊山・小国・石戸を合併して成る。
旧月舘町(現伊達市月舘町)は、月舘・小手川・小手を合併して成る。
川俣町は、川俣・飯坂・小綱木・大綱木・鶴沢・富田・福田・小手のうち小島・安達郡山木屋を合併して成る。山木屋については安達郡を参照。
安達郡 安達郡は、現在の二本松市および本宮市・安達郡大玉村、福島市の一部・伊達郡川俣町の一部から成る。
二本松市は、二本松・塩沢・岳下・杉田・石井・大平・油井の一部と、旧安達町(渋川・上川崎・下川崎・油井の大部)、旧岩代町(小浜・新殿・旭・太田の一部)、旧東和町(針道・戸沢・木幡・太田の一部)から成る。
大玉村(現安達郡大玉村)は、大山・玉ノ井から成る。
本宮市は、本宮・荒井・青田・仁井田・岩根・白岩・和木沢から成る。
安積郡 安積郡は、現在の郡山市に含まれる。
現在の郡山市に合併された田村郡の旧村(高瀬・守山・二瀬・宮城・御館・高野・逢隈・岩江)は、田村郡を参照。
現在の郡山市に合併された安達郡の旧村(高玉・玉川・石筵・中山)は、安達郡を参照。
田村郡 田村郡は、田村市・田村郡および郡山市の一部から成る。
三春町は、三春・御木沢・中妻・沢石・要田・中郷から成る。
小野町は、小野新町・飯豊・夏井から成る。
旧大越町(現田村市)は、大越・七郷のうち牧野・栗出から成る。
旧常葉町(現田村市)は、常葉・山根から成る。
旧船引町(現田村市)は、片曾根・文珠・瀬川・移・美山・芦沢および七郷のうち堀越・遠山沢・永谷・椚山・門沢から成る。
石川郡 石川郡は、石川郡および須賀川市の一部。
石川町は、石川・沢田・中谷・母畑・野木沢・山橋から成る。
玉川村は、泉・須釜から成る。
平田村は、蓬田・小平から成る。
浅川町は、浅川・山橋のうち山白石および西白河郡東村の一部から成る。
古殿町は、東白川郡(竹貫・宮本)を参照。
岩瀬郡 岩瀬郡は、現在の須賀川市および岩瀬郡、西白河郡の一部である。
平成合併前の須賀川市は、須賀川・浜田・稲田・小塩江・西袋・仁井田および石川郡大東村から成る。
旧長沼町(現須賀川市)は、長沼・桙衝および岩瀬村の一部から成る。
鏡石町は、鏡石村から成る。
旧岩瀬村(現須賀川市)は、白方・白江から成る。
天栄村は、牧本・広戸・湯本・大屋うち大里から成る。
西白河郡 西白河郡は、白河市・西白河郡および石川郡浅川町の一部から成る。
平成合併前の白河市は、白河・白坂・大沼・五箇・小田川・古関のうち関辺および関辺および旗宿から成る。
旧表郷村(現白河市)は、金山・社・古関から成る。
旧東村(現白河市)は、釜子・小野田・五箇のうち蕪内から成る。
泉崎村は、関平・川崎から成る。
中島村は、吉子川、滑津から成る。
矢吹町は、矢吹・三神・中畑および岩瀬郡広戸のうち柿ノ内・高林の各一部から成る。
旧大信村(現白河市)は、信夫・岩瀬郡大屋村のうち、大里をのぞいた隈戸・下小屋から成る。
東白川郡 棚倉町は、棚倉・社川・高野・近津・山岡から成る。
矢祭町は、豊里・高城のうち関岡・内川・茗荷および石井のうち中石井・下石井・戸塚から成る。
塙町は、常豊・笹原・石井のうち上石井および高城のうち真名畑・植田・伊香・台宿から成る。
古殿町(現石川郡古殿町)は、竹貫・宮本から成る。