【会津地方】 明治期地籍図・地籍帳・丈量帳の郡区分

北会津郡 北会津郡は、平成合併前の会津若松市および旧北会津村である。
平成合併前の会津若松市は、若松・高野・町北・神指・湊・一箕・門田・東山・大戸から成る。
旧北会津村(現会津若松市)は、荒井・舘ノ内・川南から成る。
会津若松市大戸町大字小谷については、大沼郡川路村大字小谷を参照。
会津若松市河東町は、河沼郡(日橋村、堂島村)を参照。
南会津郡 旧田島町(現南会津郡南会津町)は、田島・檜沢・荒海から成る。
下郷町は、楢原・二川・長江・旭田から成る。
旧伊南村(現南会津郡南会津町)は、伊南・大川から成る。
旧南郷村(現南会津郡南会津町)は、大宮・富田から成る。
只見町は、伊北・朝日・布沢・小梁・八幡から成る。
耶麻郡 耶麻郡は、喜多方市および耶麻郡、河沼郡の一部から成る。
平成合併前の喜多方市は、喜多方・岩月・松山・慶徳・豊川・関柴・熊倉・上三宮から成る。
旧熱塩加納村(現喜多方市)は、加納・熱塩・朝倉の一部から成る。
北塩原村は、大塩・北山・檜原から成る。
旧塩川町(現喜多方市)は、塩川・堂島・姥堂・駒形から成る。
旧山都町(現喜多方市)は、山都・相川・早稲谷・一ノ木・木幡・小川・朝倉の一部および河沼郡千咲村の一部から成る。
西会津町は、奥川・新郷および河沼郡野沢・正中・芹草越・尾野木・登世島・下谷・睦合・群岡・宝坂上野尻から成る。
旧高郷村(現喜多方市高郷町)は、山郷および河沼郡高寺・片門・束松・新郷・千咲の一部から成る。
猪苗代町は、猪苗代・磐瀬・磐保・長瀬・千里・吾妻・月輪・翁島から成る。
河沼郡 河沼郡は、河沼郡および喜多方市、会津若松市(旧耶麻郡山都町、西会津町、高郷村、旧河沼郡河東町)の一部から成る。
会津坂下町は、坂下・気多宮・新館・船杉・坂本・金上・若宮・広瀬・川西から成る。
湯川村は、笈川・勝常から成る。
柳津町は、柳津・倉戸・飯谷および大沼郡東川・中ノ川より成る。
旧河東町(現会津若松市)は、日橋・堂島より成る。
大沼郡 大沼郡は、大沼郡および河沼郡柳津町の一部、会津若松市大戸町小谷から成る。
旧会津高田町(現会津美里町)は、高田・田川・赤沢・永井野・尾岐・東尾岐・旭・藤川から成る。
旧会津本郷町(現会津美里町)は、本郷・氷玉岡・川路から成る。
旧新鶴村(現会津美里町)は、新田・鶴ノ辺から成る。
三島町は、西川・三谷・原谷・川西から成る。
金山町は、川口・沼沢・本名・横田・大滝から成る。
昭和村は、野尻・大芦から成る。