トップページ>明治期福島県地籍帳・地籍図・丈量帳

 明治期福島県地籍帳・地籍図・丈量帳

凡例
1 「明治期福島県地籍帳・地籍図・丈量帳」は、『福島県歴史資料館収蔵資料目録』第1集として、『福島県文書取扱規定』(福島県訓令第33号 昭和45年11月17日)にもとづいて、福島県から管理委託された簿冊です。福島県が明治10年代から20年代に、地租改正条例(明治17年)地押調査に関する訓令(明治18年)等の過程で作成された約8,400冊にのぼる地籍帳・地籍図・丈量帳で、原本は福島県の重要文化財に指定されています。なお、現在の福島県域の全てを網羅しているわけではなく、欠落した地域も存在します。
2 福島県が保管してきた形態をそのまま生かすため、各郡別に明治22年(1889)4月1日現在の町村をもとに、整理・保管されています。
3 資料保存の観点から、閲覧は原本の複写物(カラー)で行っています。なお、原本の保存状態が悪いもの(水損資料など)は、資料保護のため複写物を作成しておりませんので、閲覧できません。
4 記載形式は次の通りです。
①番号:郡別に通し番号を付していますが、この番号は閲覧請求番号です。
②町村名 :明治22年(1889)4月1日現在の町村名です。
③大字名:明治19年(1886)12月31日現在の大字名です。
④数字は、全て算用数字で統一しています。

目次
NEW!  『福島県歴史資料館収蔵資料目録』の詳細電子データ化を図る作業の一環として、「明治期福島県地籍帳・地籍図・丈量帳」の各郡大字内における小字ごと資料残存状況対照表を順次作成し、公表を進めています。


 【浜通り地方】 所属する郡の検索に関する留意点はこちら → 明治期の郡区分(浜通り地方)

 以下の郡名をクリックしてお入りください。

宇多郡(現相馬市および相馬郡の一部) 行方郡(現南相馬市および相馬郡の一部)
標葉郡(現双葉郡の一部) 楢葉郡(現双葉郡の一部およびいわき市の一部)
磐城郡(現いわき市) 磐前郡(現いわき市)
菊多郡(現いわき市)  


 【会津地方】 所属する郡の検索に関する留意点はこちら → 明治期の郡区分(会津地方)

 以下の郡名をクリックしてお入りください。

耶麻郡(現耶麻郡および喜多方市・河沼郡の一部) 河沼郡(現河沼郡および会津若松市・喜多方市の一部)
大沼郡(現大沼郡・会津美里町および会津若松市のうち大戸町大字小谷)  北会津郡(現会津若松市)
南会津郡(現南会津郡・南会津町)


 【中通り地方】 所属する郡の検索に関する留意点はこちら → 明治期の郡区分(中通り地方)

 安達郡・田村郡の小字ごとの資料残存状況対照表(PDFファイル)を新たにUPしました。(2017/3/7)
 以下の郡名をクリックしてお入りください。
信夫郡(現福島市) 伊達郡(現伊達郡・伊達市および福島市の一部)
安達郡(現二本松市・本宮市・安達郡・伊達郡の一部・郡山市の一部) 田村郡(現田村郡・田村市および郡山市の一部)


 下記の各郡は、小字ごとの資料残存状況を作成中です(リンク先は、大字ごとの資料残存状況)。

安積郡(現郡山市) 
石川郡(現石川郡・須賀川市の一部) 
岩瀬郡(現岩瀬郡および須賀川市の一部) 
西白河郡(現西白河郡・白河市) 
東白川郡(現東白川郡)




      ページの先頭に戻る