郡司大助家文書(田村郡小野町)

笠間藩分領であった小戸神村文書。
笠間藩分領は、最初延享4年(1747) 牧野貞通が常陸国笠間に入部したときに成立した。 しかし貞長の時代、大坂附近に領知替となり、 寛政2年(1790)再び磐城・磐前・ 田村郡内に3万石の分領を有した。

「歴史資料館収蔵資料目録」第2集・「福島県歴史資料館収蔵資料目録」第46集所収

一覧に戻る