菅野隆雄家文書(伊達郡保原町)

菅野(金原田)八郎は慶応2年(1866)、 信達百姓一揆の指導者と見なされた農民。

菅野家に残る文書10点であり、 八郎の思想を把握することができる。
「あめの夜の夢咄し」「半夏生不順ニ曰」 「〔八老十ヶ条〕」「小児早道案内 全」 「闇の夜汁 全」「乍恐以始末書赤心奉歎願候」 は『日本思想体系58民衆運動の思想』 に収められている。
庄司吉之助氏による「民衆思想家菅野 八郎著作解題」(『福島史学研究』復刊11号)も参照。

「歴史資料館収蔵資料目録」第28集所収

一覧に戻る