長尾家文書(福島市)

祖は上杉家旧臣といわれ、福島藩の割元や福島元町検断等を務めた長尾家に残る史料群で、由緒に関する史料など13点。
同家の先祖で、江戸時代前中期に、森合村(現福島市森合)に潜龍庵を建てた耀山と、その兄で山田村(現福島市山田)に好国寺を再興した山田意休の墓所に関する史料がみられる。

『歴史資料館収蔵資料目録』第45集所収

一覧に戻る