円谷重夫家文書(西白河郡矢吹町)

寛永4年(1627)白河藩領であった石川郡明岡村庄屋文書の一部である。

明治19年(1886)明岡新田村を合併して明新村となった。
阿武隈舟運関係の文書など重要な文書も含まれる。

「矢吹町史資料所在目録」第1集 ・第4集にも収録されている。

「歴史資料館収蔵資料目録」第17集  619点
「福島県歴史資料館収蔵資料目録」第34集  328点(近世文書238点、近代文書90点)

一覧に戻る