国見町山崎区有文書(伊達郡国見町)

山崎村名主文書の一部と、明治以後の戸長役場・ 藤田村大字山崎区の文書。

山崎村は、寛文4年(1664)以降幕府領、天和2年(1682)桑折代官柘植伝兵衛の支配下におかれ、元禄13年(1700)1月から延享4年(1747)桑折藩領となった。
近世文書54点(うち1点引継なし)、 近代文書507点、実際には560点である。

「歴史資料館収蔵資料目録」第22集・第31集所収

一覧に戻る