矢沢三男家文書(南会津郡只見町)

南山御蔵入領と称され、会津藩預り支配あるいは幕府代官(田島代官所)の直支配下におかれた会津郡黒谷組石伏村の名主、矢沢家に伝存した文書1327点(近世文書1320点、明治期文書7点) である。
奥会津の山村生活の全容を知ることのできる 資料が多く含まれ、人口、年貢、村生活、鉱山などがよくまとまっている。

「歴史資料館収蔵資料目録」第13集所収

一覧に戻る